真栄田岬 クマノミ

沖縄といえば、海! 海といえば、シュノーケルですよね(ちょっと強引かな。。。)
沖縄に旅行で来たのであれば、ぜひ、シュノーケルで沖縄の美しい海を楽しんでください。

シュノーケルの魅力はダイビングのように高価な装備を揃える必要もなく、シュノーケルとマスクがあれば、小さなお子さんのいる家族やラブラブな恋人同士や、ひとりぼっちで海に行くおじさん(私)でも、楽しむことができます。

シュノーケルセットは、レンタルで借りることもできますが、借りるのも買うのも、あんまり金額は変わらないので、買った方がお得です。

GONZU

買ったら何度も使えるし、知らない人が使ったシュノーケルを口にくわえるのも抵抗がありますよね。。。

おすすめのシュノーケルセットはこれだ!

沖縄本島で一番人気のシュノーケルスポット 青の洞窟がある真栄田岬でシュノーケルをしてきた時の動画です。



沖縄本島の人気シュノーケルスポットの大度海岸でシュノーケルをしてきた時の動画です。

 


沖縄本島にある恩納村の裏真栄田のビーチで、シュノーケルをしてきた時の動画です。

まず、必要なのは、マスクとシュノーケルの2点セット。
2点セットは色々売られていますが、シュノーケルの違いで少し値段が違ってきます。

波を被っても水が入りにくいタイプと水が入ってくるタイプ。

水が入りにくいタイプの方が値段が高いので、こっちの方が良いかのかと思っていたら、ダイビングやスキンダイビングをやっている方などは、シュノーケルの中に入った水を息で吹き出すシュノーケルクリアがやりにくいので、水が入ってくるタイプのシュノーケル(さらに筒が細いの)を、オススメする方が多いようです。

でも、初心者の方や水中に潜らないで、プカプカ浮きながら海の中を観るのであれば、絶対に水が入りにくいタイプのシュノーケルをおすすめします!

シュノーケル

 

↑私が使っているシュノーケルセットです。

 

シュノーケリングフィン

私が使用しているフィンは、コンパクトタイプのストラップフィン。

ご覧のとおり、通常ダイビングなどで使うフィンに比べるとかなり短いですが、私が使っている限りでは推進力にも問題なく使用できています。

通常のフィンよりもかなりコンパクトなので、持ち運びや冬場の使わない時に自宅で収納する時にも、場所を取らないので便利です。

あと、このストラップフィンは、フルフットフィン(フィンの中に足をすっぽりと入れるタイプのフィン)と違いマリンシューズを履いたままフィンを装着することができるので、沖縄は岩場が多くマリンシューズを履かないと歩けない場所も多いので便利です。


↑こちらのシュノーケル、マスク、フィンの3点セットがおすすめです。


沖縄の場合は、岩場が多いので、マリンシューズも必要ですね。




小さなお子さんや泳げない方は、箱メガネがおすすめです!

どのメーカーがおすすめなの?

ダイビング器材で有名な国内ブランドTUSAを手掛けているタバタという会社が、シュノーケル用にリーフツアラーというブランド名で展開しているので、品質も良くてリーズナブルでおすすめです。

今回紹介したシュノーケルセットも、すべてリーフツアラーです。
他には、メイドインジャパンのAQAというブランドも安くておすすめです。

こんなシュノーケルマスクもあるよ!

マスクとシュノーケルが一体になったフルフェイスマスク!

シュノーケルを口にくわえなくてもいいので、鼻で呼吸ができる、画期的なシュノーケルマスクなのだ!

シュノーケルを口にくわえると「オエ~」ってなる方に、おすすめですね。


GONZU

おっさんがひとりで、このマスク付けてたら、逮捕されそう。。。

海の中の様子の動画を撮影するなら、私も使っているGOPROモドキのSJCAMが性能も良くて値段も安いのでおすすめです。

 

沖縄のシュノーケル おすすめスポットはここだ!【動画あり】

沖縄の青の洞窟 真栄田岬でシュノーケルしてきたよ!

宮城海岸(砂辺)でシュノーケル!

ゴリラチョップでシュノーケルしてきました!


スポンサーリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう